Gastroenterology

消化器…胆のう疾患

その他の各種症例の紹介

各種症例の紹介 トップへ戻る

循環器…心臓疾患
呼吸器
消化器…胆のう疾患
泌尿器
内分泌
神経
胆泥症・胆石症

胆のうは、胆汁を産生し貯留する器官です。胆汁には、脂肪を分解し水に溶けやすい状態にする役割を持っています。胆のうに貯えられた胆汁は、元々サラサラの水様性液体ですが、成分が変化するとドロドロの胆泥(胆泥症)や石のように硬い胆石(胆石症)を形成します。軽症の場合は無症状のことがほとんどですが、形成された胆泥や胆石が胆管に詰まったり、胆嚢の重度炎症が起きたりすると重症化し、命に関わる状態に陥ります。

アルピニア経口投与3ヵ月後

胆嚢粘液嚢腫

エコー検査 キウイフルーツ様陰影(放射状) (胆嚢切除手術 適応症例)

アルピニア 経口投与のみ 2年後

胆嚢粘液嚢腫 → 胆泥症

肝不全

肝不全とは、肝臓に重度の障害がおこり、肝機能が停止してしまう病気です。一般的に、肝臓の機能は、20%以上稼働していれば問題ないといわれています。ですが、肝不全になると、肝機能の働きが20%以下になります。つまり、犬や猫の体に入ってしまった毒素を解毒する機能をはじめ、栄養素の貯蔵や代謝、血液の循環機能が全て使えなくなるということ。そのため、肝不全になると命の危険に直結します。

血漿(血液分離したときの液体成分)が黄色く、黄疸が疑われる。

膵炎

膵臓には、炭水化物やタンパク質、脂肪などを分解する消化酵素を分泌する「外分泌」と、インスリンなどのホルモンを分泌する「内分泌」とがあります。その中で、消化酵素を分泌する外分泌に関わる病気が「膵炎」です